海外投資公式サイト+

BizSurfing : close up venture and new business in Asia

インドネシア フランチャイズ 飲食・食品

Indoneisa : PT Baba Rafi Indonesia

2016/10/16

karriezhu / Pixabay

The Mania Timesの2016年9月16日付の記事によると、トルコの肉料理ケバブの店舗Kebab Turki Baba Rafi(ケバブ・チュルキ・ババ・ラフィ)をフランチャイズ展開するPT Baba Rafi Indonesiaが、フィリピンでの事業拡大のため、1百万米ドルと投資、新たに直営店50店舗をオープンさせるそうです。

Indonesian kebab chain to invest $1M in PH

kebab-turki-baba-rafi

PT Baba Rafi Indonesia

2013年からフィリピンでの事業を開始、現在マニラで14店舗を構えますが、15店舗目はフィリピン南部ミンダナオ島のZamboango(サンボアンガ)にオープンします。ターゲットとしている顧客の1部は、イスラム教徒です。

加えて今後3年間でフランチャイザー50店舗の開店も計画されています。1店舗開店の初期費用は698,000ペソ(15,000米ドル)です。

Kebab Turki Baba Rafiは現在、インドネシア、マレーシア、フィリピン、中国、スリランカ、シンガポール、ブルネイ、オランダで展開していますが、2016年内にベトナム進出を予定しています。

インドネシア発のブランドで、フィリピンで成功しているのはドーナツ販売のJ.CO Donuts & Coffeeぐらいでしょう。フィリピンでは、Mister Donut(ミスタードーナッツ)がスタンド方式で、手頃な価格でドーナッツを店頭販売している光景はよく見かけます。一方、J.COはお土産品としてのドーナツを販売しています。

以下の写真は、2012年マニラのSM Mall Of Asia(モール・オブ・アジア)に開店したばかりのJ.CO Donuts & Coffee店舗前の屋外で並ぶ人達です。ほとんどの人達が、お土産品で持ち帰ります。値段の高いドーナッツを買い求める人がマニラにこんなに多かったのかと、ちょっと驚きでした。

cimg0199

cimg0201

 

-インドネシア, フランチャイズ, 飲食・食品
-,