海外投資公式サイト+

BizSurfing : close up venture and new business in Asia

タイ IPO 飲食・食品

Thailand : Mudman Pcl

karriezhu / Pixabay

deal street asiaの2016年9月11日付の記事によると、タイで外食事業を展開するMudman Pcl(Mudman)は、IPO(新規公開発行)を目的として、Office of Securities and Exchange Commission(証券取引委員会事務所)に最初の予備目論見書を提出したそうです。

Thai lifestyle brands operator Mudman to file for IPO

mudman

Mudman Pcl

IPO(新規公開発行)を目的としており、発行予定株式210.98 百万株の内、半数は主要株主Sub Sri Thai Pclへ、残り半分が公募に向けられます。IPO完了後、Sub Sri Thai Pclの持株比率は、64.27%まで下がります。IPOで調達する資金で、新店舗の国内及びミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナムなどの国外開店に充当されるそうです。

Mudmanは、タイにおけるDunkin Donuts(ダンキン・ドーナツ)、Au Bon Pain(オー・ボン・パン)、Baskin Robbings(バスキン・ロビンス)、Greyhound Café(グレイハウンドカフェ)のフランチャイザーです。またGreyhound Original、Anotherhound Cafe、Mudman Boutique Hospitality & Catering Servicesといった自社ブランドを国内外で展開しており、総店舗数は350店舗を超えます。

Mudmanの売上高は、2014年2240百万バーツ(64百万米ドル)、2015年2890百万バーツ(82百万米ドル)、2016年1~6月2240百万バーツ(42百万米ドル)でした。2016年1~6月純損失は195百万バーツ(5百万米ドル)です。

また、Mudmanは、50百万バーツ(1.4百万米ドル)を投じて、多くの日本人やタイ人の富裕層も暮らすThonglor(トンロー)地区でコミュ二ティーモールを開発中です。2017年第1四半期に完成を予定しています。

私の会社でも、売却案件「バンコクのスクンビット通りに面するコミュニティー・モール 」を、ご紹介していまが、バンコクのコミュニティー・モールは、まだ過剰感はないのでしょうか?

-タイ, IPO, 飲食・食品
-,