海外投資公式サイト+

BizSurfing : close up venture and new business in Asia

タイ フランチャイズ 飲食・食品

Thailand : Bamboo(Thailand) Holding Pte. Ltd.

2016/10/09

karriezhu / Pixabay

日本KFCホールディングス株式会社の2016年9月15日付の適時開示によると、シンガポールにアジアでの外食事業への投資持株会社として Fast Restaurant International Pte. Ltd.(FRI) を設立し、そして出資を行い、タイにおける「ケンタッキーフライドチキン」のフランチャイズ事業に参画するそうです。

シンガポール法人の設立並びにタイ国の KFC 事業への参画に関するお知らせ

ここに至る流れは、どうなのでしょうか?。

ケンタッキーフライドチキンを含む5つのチェーン店を展開する米国ファーストフード運営会社Yum! Brands, Inc.の子会社Yum Restaurants International (Thailand) Co., Ltd.(YRI)が、タイ国内で、新たなフランチャイジーに一部事業を譲渡することとなりました。

譲渡先になったのが、タイのジョイント・ベンチャーRestaurant Development Company Ltd (RDCL) です。

KFC hives from Central, seeks 800 branches

RDCLは、タイ国内KFC約130 店舗をYRI から取得し、新フランチャイジーとして事業運営をすることになります。(RDCLの会社規模が分からないのです。)

この取得に際しての資金供給元であり、日本KFCホールディングスに話を持ち込んだのが、2015年2月19日に設立されたAIGF LPではないでしょうか?

AIGF LPは、三菱商事株式会社、マレーシア大手金融機関のCIMB グループ、株式会社日本政策投資銀行がシンガポールに設立した投資ファンドAIGF(ASEAN Industrial Growth Fund)の有限責任組合員(Limited Partner)です。

投資ファンドAIGFと日本KFCホールディングス傘下のFRIが、Bamboo(Thailand)Holding Pte. Ltd.(Bamboo)に出資し、そのBambooがRDCLに出資するという図式です。

 

-タイ, フランチャイズ, 飲食・食品
-, ,