海外投資公式サイト+

BizSurfing : close up venture and new business in Asia

インド ヘルスケア

India : Bempu Health Pvt. Ltd.

2017/01/17

DarkoStojanovic / Pixabay

e27の2016年1月4日付の記事は、インドのウェアラブル端末開発会社Bempu Health Pvt. Ltd.を取り上げていました。赤ん坊が低体温症にならないよう見守るウェアラブル端末Bempuは、医療設備の十分ではない発展途上国において、広く普及する可能性が有ります。

This wearable could prevent half of premature baby deaths in India

Bempu Health Pvt. Ltd.

Bempu Healthの創業者Ratul Narain氏は、新生児生理学者や小児科医とのインタビューを通じて、体温が36.5度以下に下がった場合に生じる低体温症をどう克服するか、課題を見つけ出しました。

“From my interviews with over 100 neonatologists and paediatricians, and umpteen visits to various kinds of clinical settings across India, I got some insights into some of the major gaps in newborn healthcare in India. From my conversations and observations, I created a list of gaps where I could build possible solutions. At the top of this list — and at the top of doctors’ list of priorities — were missing cases of hypothermia,”

低体温症への対応は、体温の常時モニタリングと発生した場合の体温を上げる処置により十分可能です。しかし、病院のスタッフ不足、或いは低体温症に対する啓蒙が成されていない家庭では、起きる可能性が高くなります。そのために開発されたのが、新生児の間(生まれた直後からの4週間)、腕に取り付けて体温のモニタリングを行い、正常体温の場合は10秒毎に青い光を発光し、体温が下がった時にアラームと赤色の発光をするBempuです。

Bempuは、2016年1月から1個30米ドル以下で発売され、民間病院や公立病院で利用されています。今後はインド国内で広く利用されるだけでなく、発展途上国での活用を目指しています。

“Globally, there are 15 million babies that are born premature, and 2.7 million babies die within their first month of life. Babies born premature are at increased risk of hypothermia, infection, and long-term health problems,”

このBempuは、 Bill and Melinda Gates Foundation、Saving Lives at Birth、Grand Challenges Canadaなどから表彰された商品です。

-インド, ヘルスケア
-,