海外投資公式サイト+

BizSurfing : close up venture and new business in Asia

フィリピン サービス IPO

Philippines : PHINMA Education Holdings Inc.

2017/01/14

Wokandapix / Pixabay

The Manila Timesの2016年12月19日付の記事によると、フィリピンの教育事業者PHINMA Education Holdings Incが、K-12向けの教育事業を開始しするのに合わせて、株式上場の計画を2017年から2021年へ延期するそうです。

Phinma Education postpones IPO plans to 2021

PHINMA Education Holdings Inc.

Phinma Educationの社長Chito B. Salazar氏によれば、新たにグレード11(高校2年生)及び12(高校3年生)のプログラムを展開するに当たり、利益計画への上乗せが出来ないのがIPO延期の理由です。

“With the start of the K-12, we decided to postpone the IPO to around 2021, essentially because the introduction of Grades 11 and 12, which we agree is important, means we will not have freshmen in 2016 and no freshmen and sophomores in 2017,”

“So our financials in these years will not truly be reflective of our profitability. For this reason, we decided to postpone the IPO,”

Phinma Educationは、現在5つの大学(Southwestern University、Phinma Araullo University、 Phinma Cagayan de Oro College、Phinma University of Pangasinan、Phinma University of Iloilo)と富裕層向けのCareer Academy Asia (CAA)ブランドの高校及び2016年8月に開設したミャンマー・ヤンゴンのトレーニングセンターPhinma Training Center(看護師育成の前段階として、介護士を育成)を傘下に抱えていますが、今後更に買収を進める計画です。特に、ミャンマー進出は、今後の海外展開の試金石になりそうです。

Phinma Educationの親会社Phinma Corpは、鉄製品  (Union Galvasteel Corp.)、不動産(P&S Holdings Corp、Asian Plaza Inc.)、アウトソ-シング (One Animate Limited)及びエネルギー(Phinma Energy Corp.)の各事業を運営しています。

-フィリピン, サービス, IPO
-, ,