海外投資公式サイト+

BizSurfing : close up venture and new business in Asia

マレーシア インターネット&ソフトウエア

Malaysia : iPrice group Sdn Bhd

2016/12/29

qimono / Pixabay

Techcrunchの2016年12月21日付の記事によると、製品・サービスの販売価格を比較・検討できる買物情報の収集サイトサイトiPriceを運営するiPrice group Sdn Bhd が既存株主Asia Venture Group (AVG) 、Venturra Capitalや、Gobi Partners、DMP、Econa、Starstrike Venturesから4百万米ドルの資金を調達したそうです。

iPrice raises $4M for its e-commerce aggregator service in Southeast Asia

iPrice group Sdn Bhd

東南アジア諸国のオンライン販売市場においては、米国や西ヨーロッパのAmazon、中国のAlibabaや JD.comのような支配企業はありません。2015年に創業、マレーシアを拠点とする従業員数約100名のiPriceが目指すのは、海外或いは地元のオンライン販売事業者を目立たせ、サイトのトラフィックと売上を増加させる共存者(情報収集)サイトとしての役割です。

CEOのDavid Chmelar氏は、iPriceをサーチエンジンを見なしているようです。

 “We see ourselves as a meta search platform, someone who will look for the best use of that dataset for both consumers and sellers,”

“Our ambition is to become the primary gateway to online retail in Southeast Asia,” “Much remains to be done to make online retail easier for consumers, from Kuala Lumpur to Manila, and iPrice is paving this path.”

iPriceは、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、香港、ベトナム、タイで事業展開しています。一方、Amazonは東南アジア諸国での事業展開に出遅れており、2017年第1四半期にようやくシンガポールでの事業を開始します。

-マレーシア, インターネット&ソフトウエア
-,